社会人バンドが仕事の逃げ道になってくれました

仕事が辛いときにリフレッシュする方法

社会人バンドが仕事の逃げ道になってくれました

 

私は新卒で個人指導塾へ就職しました。

 

元々は公立中学校の教員を目指していましたが、採用試験に落ちてしまったため、仕方なしの就職でした。

 

大学4年生の秋に内定をもらい、その後卒業まで自宅近くの教室で週2回アルバイトをしておりましたので、入社後はそれほど違和感がなかったのですが、

 

GW過ぎから始まった研修が壮絶でした。その塾は2か月の研修後独り立ちしてひとつ教室を任される方式で、教科指導から保護者対応、入塾まですべて仕切る形となります。

 

そのノウハウを学ぶ研修だったのですが、ある年配の女性教室長の指導がものすごく厳しく、まるで嫁いびりをする姑のような対応でした。

 

私の態度が悪いとネチネチとケチをつけ、だいぶ神経を使いました。(後に上司に聞いたところ、これが登竜門だそうで、これを乗り越えなかった人は辞めさせられたとの事)

 

勤務は13時から22時と聞いていたのですが、実際のところ朝から会議が入ったり、クレーム対応で深夜12時を過ぎたりすることもありました。ストレスで食事もままならないこともあり、いつも睡眠不足で辛かったこともありました。

 

幸い日曜が休みだったので、生活にメリハリをつける意味でも趣味をしようと学生時代から続けている楽器演奏が日曜に出来る楽団をネットで探し、ようやく見つけたのは車で一時間ほど離れた楽団でしたが、見学して雰囲気が良さそうだったので、即決で入団しました。

 

日曜の夕方から5時間ほどの練習ですが、思う存分楽器演奏に集中することができました。

 

また終わったあとにみんなでご飯に行き、それぞれの会社の愚痴を言ったり聞いたり、とだいぶ仲間に救われたところがありました。

 

社会人バンドなので、年齢の幅が大きくあり、社会人一年目の私に色々とアドバイスや社会人の心得などを教えてくださったのが本当にありがたかったです。

 

仕事と楽団の活動で友人と遊ぶ時間はなかなか取れませんでしたが、とても自分自身が成長できたと思っています。
また楽団でいい出会いがあり、彼氏が出来たことも大きいです。

 

仕事ばかりになってしまうと逃げ場所がなくなってしまい、自分自身が辛くなってしまうので、どこか解放できる場所を持つとバランスを保つことができるのかなと感じます。