非現実的な世界に入ることで仕事の辛さから解放されました

仕事が辛いときにリフレッシュする方法

非現実的な世界に入ることで仕事の辛さから解放されました

 

特にやりたい仕事でもなかったのですが、成り行きで入社したこともあり、あまり仕事が楽しいとは思えませんでした。

 

また、社会人1年目ということもあり、わからないことだらけで何度も失敗を繰り返し、毎日のように先輩から怒られていました。そのため、毎日仕事のストレスが溜まり、家族に愚痴を言うようになりました。
ある日、家族から「もう会社の愚痴は家で言わないでほしい」と言われてしまいました。

 

さらに仕事のストレスで過食に陥ってしまい、体重もどんどん増えてしまい、どんどん自己嫌悪に陥っていきました。

 

そこで、なんとか仕事のストレス発散方法を考えないといけないと思い、以前から興味のあった語学の勉強を始めることにしました。

 

語学は難しいですが興味があり、勉強をしている時間は仕事の辛さから解放されることができました。

 

また、語学スクールに通うようになって、さらに新しい友人もできました。今まで会社と家の往復だった生活から、少しずつ開放されていきました。

 

仕事では日本語しか使わなかったので、語学を通じて外国を知ることは、非現実的な世界に入っていくことでした。それは現実逃避にもなり、上手くリフレッシュできたような気がします。

 

仕事の辛さから解放されるためには、やはり自分の好きなことをやるのが一番です。仕事以外の時間はなるべく楽しいことをやって、上手く気分転換を図っていくようにしましょう。

 

ストレス性の疾患にかかる人が増えてきています。また、自分の好きなことが新しい仕事に繋がることもあります。

 

今の仕事を踏み台にして、新たな自分を可能性を見つけて行くのが良いでしょう。今の辛い仕事だけが、自分の全ての世界ではないことを自覚しましょう。

 

自分の頑張り次第で、辛くて嫌な仕事や生活のためだけに働いている状況から脱することも不可能ではありません。

 

仕事が辛い時は特に、自分なりの職業人生を見つめる良い機会となることでしょう。リフレッシュ方法は自分で考え、自分で今の状況を変えていくことが大切です。